人気ブログランキング |

カテゴリ:教育( 3 )

トコトコくらぶ in小学校

地元小学校内で、初の「不登校の子どもと親の居場所
トコトコくらぶ」でした😊
お子ちゃん一人とお母さん数人の参加。

春に向かって変化の時期。
学校に行けない時期は
「さなぎ」の時期とも言う。
さなぎは殻の中で、一度全てが溶けて形を作り直すと聞いたけど。確かに、不登校と似てる。
これまで自分とは違う自分になろうとしているのかもしれない。
親は
「前はこれができたのに」とか、
「せっかくここまで頑張ったのに」
は、禁句です。
今、そこにいるお子さんが、その子です。

写真はワンコの散歩に行った時に、桜のつぼみが膨らんでいたので撮ってみました。
ちなみに我が家のワンコの名前は「つぼみ」です笑笑

今、さなぎの子たちは、春に蝶々になって羽ばたけるように、じっくりとこもりたいだけ、篭ってみても良いと思う。
そして人によってそれぞれ春の時期が違うから、焦らないでね🌸

トコトコくらぶ in小学校_b0395243_02020438.jpeg
トコトコくらぶ in小学校_b0395243_02010495.jpeg



by akiyo-tanaka2018 | 2019-01-10 01:59 | 教育 | Comments(0)

不登校の原因って?

「なぜ不登校になるのでしょう。原因は?」
と、よく聞かれます。

答えは
「わかりません」です。

本人が一番わからないのです。
もちろんいじめを受けたり、病気で余儀なく長期欠席をしたりと、第一原因が思い当たる人もいますが、大抵は「わからない」のです。

原因の一つとして考えられるのは
●生まれ持った特性がまわりの子たちと合わずに居場所をなくした子
●家族とのコミュニケーションがうまくとれない子
●頑張りすぎて身も心も疲れ果ててしまった子
●学校に違和感を持っている子
●先生に受け入れられなかった子
●いじめられ耐えられなくなくなった子
などなど

そんな子たちは心の中で、こう思っています。
〇親や先生は自分をだめな子だと思っている
〇自分は何をしてもだめだ。皆よりも劣っている
〇可愛くない
〇もっと頑張らなければ、頑張りが足りない
などなど

そして、そういう子たちの共通点は、自己評価が低いことです。
いくら周りの人に大丈夫だと言われても心に響かない。
そんな子たちが、どうすれば自己評価が上がり、自分を好きになれるのかを
まずは親も一緒に考えてみませんか。

一人で悩まず、思いきって、お話ししてみませんか。

□トコトコくらぶ akiyo-tanaka@kishuken0122.sakura.ne.jp(田中あきよ)
□西宮市こども未来センター tel 0798-65-1881(0才から18才まで)
  
※トコトコくらぶは、西宮市樋ノ口地区社協のボランティアグループです



by akiyo-tanaka2018 | 2018-09-03 14:45 | 教育 | Comments(0)
トコトコくらぶのはじまりは、2014年10月のことでした。
その年の春、18歳の一人の女の子が命を落としました。

拒食症でした。

心にしんどさを抱える子どもたちが、自分が必要とされる居場所があればいいなと思っていた矢先の別れでした。
考えている場合じゃない。早く、居場所づくりをしなければ・‥

家から出るのもむずかしい不登校の子どもたちや、生きづらさを抱えているこ子たちに
週に一回でも、とにかく家から一歩踏み出し、外の世界で過ごしてほしい。

家から一歩、トコトコと歩き出そう・‥
それが「トコトコくらぶ」のはじまりです。

「トコトコくらぶ」では
不登校の子どもの親が集まり、悩みを打ち明けたり、情報交換をしたり、美味しいお茶を飲みながら、貴重な経験を共有します。
そして、「自分の子だけじゃない。特別じゃない」と気づきます。

子どもたちは自由に過ごせるところで、好きなことをしながら過ごし、
「家とは違う空間でも大丈夫」という自信を積み重ねていきます。
そしてエネルギーがたまったら、社会へ一歩踏み出していきます。

ゆっくりと、確かな足取りで・‥
トコトコと・‥。


by akiyo-tanaka2018 | 2018-09-03 13:52 | 教育 | Comments(0)

しんどい人に優しい街は、誰にとっても生きやすい街。一人一人に居場所がある社会をデザインします


by 田中あきよ